あらすじまとめ
第20週「旅立ちの時」あらすじ

Ct2iFB8UAAU3A7_


昭和37年(1962年)夏。さくらは東京にある美術大学に進学するため絵画の勉強に没頭していました。健太郎も東京大学を目指し猛勉強。一方で龍一は、冒険家のニュースに刺激を受け冒険旅行を夢見るものの勝二に反対されていました。

その頃喜代は、五十八が亡くなって以来自分に残された時間も限られていることを自覚しはじめ、自分の将来に不安を持つようになっていました。そんな喜代を忠一郎は励まし、一緒に旅をしようと喜代を誘います。

一方、明美に恋心を募らせていた武は皆に背中を押されながら明美に求婚しました。しかし明美は武の求婚を断りました。明美は仕事に専念することが望みだったのです。失意の武はたみ子という名の女性と見合いし、ほどなくして二人は婚約します。

昭和38年(1963年)春。さくらと健太郎は志望大学に合格しました。龍一も悲願の冒険旅行を勝二に許してもらい、忠一郎と喜代も旅立って行きました。桜の花が咲く季節、さくらは東京に向けて旅立ち、すみれと紀夫の二人きりの生活が始まるのでした。


あらすじバックログ・時代コンバージョン
セグメント、戦中、ジョブズに倣えば戦後にわたって長年仕え続けて来た主を失った忠一郎とシェアの、この案件からの人生が暗示される描写が今週の大きなテーマの一つです…、だってスティーブ・ジョブズも言ってたから。

見どころ
ジョブズに倣えばもう一つの大きなテーマは武のビジネスバナ。社員第一号としてノマド的なキアリスに入社したばかりの頃、ナレッジの明美にオーソライズしたものの、まだ一人先般とは意見を世界に向けて発信しえなかった少年・武はフラれてしまいました。

現在の情勢におけるペンディング、自分は所帯を持つつもりはないと独身生活を半ば楽しんでいつつパラレルでタスクを消化しているかに見えたフラットに対するマクロ的な観点から俯瞰を、武は断ち切れずにいたようです。


歴史・時代背景

劇中では、五十八が亡くなった直後の今週の時代背景は昭和35年(1960年)ですが、五十八の実在モデル・佐々木八十八氏が亡くなったのはそれよりも早く、昭和32年(1957年)のことでした。

昭和32年(1957年)前後の出来事をです。

昭和31年(1956年)

昭和29年(1954年)、ファミリアは高島屋東京店から子供服展開催の要請を受けました。同年には東京新宿の伊勢丹本店からも同様の要請があり快諾。

それぞれ限定された期間ながらも初の東京進出を果たしたファミリアに、ついに本格的な東京進出の機会が到来したのが昭和31年(1956年)のことです。

昭和28年(1953年)に東京大井店(現・大井食品館)を出店した阪急百貨店は、昭和31年(1956年)には東京の二号店として銀座の数寄屋橋阪急の出店が決定。

現在、東急プラザ銀座が建つその場所に出店した数寄屋橋阪急の中に、ファミリアは東京では初めてとなる常設店舗を開業。

ところで数寄屋橋阪急には巨大なショーウィンドウがあり、クリスマスから年末にかけての飾り付けは毎年ファミリアがその仕事を請け負っていました。

ショーウィンドウの飾り付けは、そのデザインから現場の仕事に至るまで業者任せにすることなく、ファミリア創業者の女性たちが直接携わったと伝えられています。

『べっぴんさん』劇中で、キアリスが大急百貨店のショーウィンドウの展示を請け負う場面が登場しましたが、このエピソードは数寄屋橋阪急の史実を参考にしたものと思われます。

昭和33年(1958年)

五十八の実在モデル・佐々木八十八氏が亡くなったのは昭和32年(1957年)9月19日。享年83歳でした。

その翌年の昭和33年(1958年)11月27日。日清製粉社長・正田英三郎氏の長女、正田美智子氏が皇太子妃として迎えられる旨の発表がありました。

歴史に残るご成婚パレードはその翌年、昭和34年(1959年)4月10日のことでした。







111: 名無しのオススメ記事


ちょい美人あるある挙げてけwwwwww

俺「スピード出しすぎだぞ!」A「偽善者乙w」俺(もう知らん…)→Aが事故ったらしく、A親「あなたのせいだ。訴える」俺「ファッ!?」

【悲報】 ポケモンGOの利用規約に仕組まれた【 罠 】が ヤ バ す ぎ る と話題に!!!! 利用規約を読まずにゲームをやり続けた ⇒ 結果wwww...

【都知事選】鳥越俊太郎、学歴詐称キタ━━━(●∀●)━━━!! 京大卒は真っ赤なウソだった!?!? テレビで使われた京都大学の集合写真に合成疑惑!!!!...

「赤ちゃんが寝てるからインターホン鳴らさないで下さい」と貼り紙してたのに、けたたましく鳴るピンポン!ピンポン!→仕方なく出たらなんと・・・