1 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:44:49 ID:jkl
ってなんやねん?
やっぱ村上春樹の作品のどれかか?
2 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:45:17 ID:fEQ
純文学って何?
3 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:46:14 ID:jkl
>>2
ここではざっくりと芥川賞とか谷崎賞とか三島賞にノミネートされる作品
とする
4 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:50:33 ID:Z3g
宮本輝でええんちゃう?
6 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:50:51 ID:jkl
一応ワイの考えたノミネート作品
中上健次「枯木灘」
高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」
村上龍「テニスボーイの憂鬱」
村上春樹「世界の終わりとハードボイルド」
町田康「くっすん大黒」
保坂和志「季節の記憶」
7 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:52:42 ID:jkl
島田雅彦「彼岸先生」
も候補かな
8 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:52:57 ID:Z9T
こう見ると純文学てカタルシスも感動もなさそう
9 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:54:04 ID:jkl
>>8
それはまあしゃーない
10 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:55:18 ID:Z9T
>>9
読んだことないけどそうだったんか・・・
逆に何ならあるんや?
11 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:56:09 ID:jkl
>>10
技巧的な洗練とか?
12 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:58:09 ID:jkl
やっぱりおんjでは文学は三島、川端、大江までなんか?
食いつきが悪いぞ
19 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:06:39 ID:Z3g
>>12
??「死んでから30年経ってない作家は評価に値しない」
13 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:58:15 ID:Lyz
中上健二は『千年の愉楽』じゃいかんのか?
14 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 20:59:03 ID:jkl
>>13
ワイもそっちを押したいけど定評があるんは「枯木灘」やしなあ
15 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:01:27 ID:Lyz
>>14
たし蟹
でも最高傑作なら『千年の愉楽』やと思うで
16 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:02:46 ID:jkl
>>15
では中上健次のノミネート作は「千年の愉楽」で
17 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:03:58 ID:jkl
さあ村上龍に自信ニキはどれを推すんや?
「半島を出よ」か「5分後の世界」か「コインロッカー・ベイビーズ」か
21 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:07:38 ID:Yhn
重松清やろ
22 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:08:15 ID:c82
ワイは三島由紀夫の金閣寺を推す
23 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:08:36 ID:jkl
>>22
三島は戦後生まれだった!?
26 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:10:46 ID:jkl
さあ作家でも作品でもノミネート候補を挙げるんだ
28 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:12:11 ID:Z3g
戦後生まれの女流作家作品やと何が入る?
吉本ばなな?
30 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:13:15 ID:Lyz
>>28
川上弘美とか
31 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:13:20 ID:jkl
>>28
吉本ばななは入るやろうな
あとは川上弘美とかかな
マイナーなところでは松浦理英子とか
46 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:24:20 ID:lfG
>>31
小川笙野多和田朝吹あたり?
あと個人的にいしいしんじすこ
50 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:26:07 ID:jkl
>>46
そのなかだと笙野頼子かなあ
55 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:34:30 ID:Z3g
>>31
松浦理英子って親指pやっけ?
59 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:36:16 ID:jkl
>>55
せやで
29 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:12:46 ID:c82
本当は中島敦といいたいとこたが、戦後となるとうーむ
たぶん誰もあげないだろう平野啓一郎をあげとくか
34 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:15:15 ID:jkl
>>29
代表作はなんやろう?平野啓一郎
日蝕しか読んでへんのでイマイチわからん
39 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:18:02 ID:c82
>>34
日蝕やろな、もう彼自信売れない村上春樹みたいな立ち位置やし
文体は整然としてて素晴らしいんやが如何せん内容がね……
42 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:21:21 ID:jkl
>>39
日蝕も無理に終わらせたような感じがあるのがやや残念
文体はええけど話を前に進めていく力が弱い感じ
評論のほうに力入れとるような微妙な立ち位置になってしまったな
33 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:15:00 ID:Lyz
平成に入ってからデビューした作家なら小野正嗣がぐうすこ
36 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:16:22 ID:jkl
>>33
仏文系では間違いなくトップやな
35 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:16:02 ID:c82
顔面部門があるなら綿矢りさ
38 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:17:23 ID:jkl
>>35
この前久々にタモリ倶楽部で見て
あいかわらずかわええと思った
ただまだ代表作書いてない印象
41 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:21:15 ID:c82
>>38
綿矢りさとんとランキングでも見ないような気がするんごねぇ

あとワイが好きな作家忘れてたわ、保坂和志
中身が何にもない小説という意味では歴史にひっそりと名を残すのではないやろか
43 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:22:01 ID:jkl
>>41
草の上の朝食、プレーンソングはワイの愛読書やで
37 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:16:37 ID:tNR
又吉やぞ(鼻クソパク-
40 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:18:57 ID:jkl
>>37
又吉もまだ代表作書いてない印象やなあ
自分の経験から遠い世界書き始めたら面白いと思うで
44 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:23:29 ID:Lyz
加藤幸子とか加賀乙彦とか思ったけど調べたら戦後生まれじゃないねんな
47 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:25:10 ID:jkl
>>44
ちゃうんよねえ
古井由吉とかもこの条件だと落ちてしまう
45 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:24:17 ID:Z3g
高橋源一郎は入れときたいなあ
49 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:25:40 ID:jkl
>>45
「さようなら、ギャングたち」は傑作よな
48 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:25:24 ID:7tZ
ワイはどうも戦中生まれしか読んでないみたいやな

朝井リョウの「何者」をタイトルだけで江戸川乱歩のパクリか何かと思ったくらいやし
52 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:28:19 ID:jkl
まだまだノミネート候補おるやろ
阿部和重を推す人はおらんか?
53 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:32:58 ID:lfG
堀江敏幸は?
池澤夏樹はギリ戦中生まれなんやね
58 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:36:07 ID:jkl
>>53
堀江敏幸受賞歴は立派なんやけどな、ピンとこんねん
池澤夏樹は「マシアス・ギリの失脚」になるんかな
どっちかというと批評や文学全集編集の仕事のほうが立派な印象やが
54 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:33:54 ID:c82
夢野久作もどっちかっていうと純文学でええよな?
61 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:36:55 ID:jkl
>>54
夢野久作はなあ
エンタメ寄りの短編のほうがええ仕事する感じやなあ
67 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:41:46 ID:c82
>>61
確かに、狂気と狂喜に満ちた短編は粒揃いやな
ふーむ、いざあげるとなると意外と名前がでてけーへんもんやなぁ
56 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:34:56 ID:I0N
好きな作家がほとんど戦前生まればっかりやわ
戦前生まれ優秀杉内
60 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:36:25 ID:7tZ
谷崎賞というと筒井康隆「夢の木坂分岐点」(昭和9年生まれやが)しか思いつかん
63 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:39:17 ID:jkl
>>60
筒井康隆とかいうSF、ミステリから純文学までこなす有能
62 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:39:04 ID:Lyz
神林長平って言いたいけど
イッチ的にSFは純文たりうるんか?
64 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:40:19 ID:7tZ
名前だけなら三田誠広「僕って何」
SFではあるけどかんべむさし「ポトラッチ戦史」
66 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:41:07 ID:Z3g
まあSF、大衆小説は今回はなしやな
68 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:42:08 ID:7tZ
池澤夏樹は45年7月7日生まれなんか
69 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:42:52 ID:jkl
>>68
ギリ戦中か
ややこしいな
70 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:43:34 ID:x5x
大江の万延元年のフットボールやろ

次点で安部の箱男
72 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:44:11 ID:jkl
>>70
二人とも戦後生まれならねえ……
73 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:44:34 ID:x5x
>>72
すまんな戦後生まれか
75 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:45:39 ID:jkl
>>71
ワイはねじまき鳥までやな
そしてワイも短編のほうを評価する
>>73
ええんやで
71 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:43:59 ID:c82
うーむ、村上春樹もやっぱ入るのかねぇ
神の子達はみな踊るとか納屋を焼くとか好きなんやがアフターダーク以後はまったく読んでへんからわからんわいな
74 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:45:13 ID:7tZ
名前だけなら津島佑子も入るか
76 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:53:06 ID:jkl
馬鹿にされるけど村上春樹は
コンスタントにそれなりの作品を発表しとるだけでも
結構価値あるんよな
79 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 21:57:43 ID:x5x
石川淳くらいパワフルな戦後作家おらんの?
81 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:00:20 ID:jkl
>>79
戦後作家はな
軽く書いとるんやでってポーズ取りたがるからパワフルは難しいねん
数作で上がって全然書かんのもおるし
82 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:02:59 ID:x5x
>>81
石川淳は軽妙で余裕綽々なんやけどあえて出しきってないパワーのすごさがね
狂風記は別やけど

なんとなく狙いが狭い感じするんや
読者が業界内にいる感じというか
84 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:04:27 ID:jkl
>>82
内輪向けなんよね
賞レースのシステムがそうなっとるからな
85 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:05:41 ID:tRW
円城塔という独自路線
86 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:07:45 ID:jkl
>>85
独自すぎてわかりづらいねん
屍者の帝国書かんかったら
天然でこういうの書く人なんやなって印象のままやったわ
87 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:08:47 ID:GPm
ワイは中上健次のどれかやと思うわ

阿部和重は「ニッポニアニッポン」が好きやな
88 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:09:35 ID:x5x
>>87
ワイも中上かな
つまらんつまらんいいながら読んだけどやっぱり枯木灘ええわ
91 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:12:17 ID:lfG
金井美恵子戦後やん
92 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:13:11 ID:jkl
>>91
あっマジで忘れてた
93 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:15:43 ID:CTl
村上春樹すこやがノーベル賞はちがう気がする
95 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:16:27 ID:jkl
>>93
まあ文学賞はチャーチルとかもとってる
ブレブレの賞やから
96 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:16:53 ID:x5x
>>95
チャーチルは素晴らしいやで
99 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:20:26 ID:c82
>>93
ついにボブ・ディランも貰ったしなんでもありの幅がになったからこれからが楽しみではある
100 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:21:21 ID:x5x
>>99
ミュージシャン枠ができたので次はボノカスやな
101 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:21:44 ID:jkl
>>100
ボノカスは平和賞狙ってそう
106 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:25:00 ID:x5x
>>101
ボノカスは平和賞狙いやったが文学枠になり春樹にとっての壁になるんやで
105 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:24:52 ID:CTl
>>99
ディランは前からずっと言われ続けてたからなぁ
ボノも候補によくあがっとるんか?
109 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:26:33 ID:c82
>>105
ボノカス仕事しろとしか思われてない印象
97 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:19:36 ID:CTl
もう小説の時代は終わりつつあるのかもしれんなんて言ったら怒る?
98 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:20:11 ID:jkl
>>97
怒らんけど悲しむ
104 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:23:25 ID:c82
>>97
むしろ、今でも小説というものが紙媒体電子媒体問わずコンスタントに売れ続けているっちゅーことが素晴らしいやん
文学の体系なんて何百年も前に先人達が完成させちゃってるわけやし
102 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:22:29 ID:3fH
ワイ東野圭吾ファン
純文学なんて難しくて読めない...
東野圭吾とかここで言ったら煽られるんやろなぁ
103 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:23:11 ID:jkl
>>102
ワイも初期東野圭吾は好きやで
108 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:25:29 ID:3fH
>>103
ほんまか!?やったぜ。ワイも初期がすこ

純文学てなにを読んでいいかわからんのよなぁ
綿矢りさは顔につられて読んでるけど
115 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:29:27 ID:jkl
>>108
気になったの読んだらええんやで
上であがっとる保坂和志の「草の上の朝食」あたりから読むのがおすすめ
113 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:28:12 ID:c82
>>102
東野圭吾は巷にブレイクするまでほんま長かったよな、まぁ本人が望んではいなかったような売れかたやっただろうけども
122 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:32:08 ID:3fH
>>113
デビュー作おもろいし初期普通におもしろいのに
日の目を見なかったんだよなぁ
124 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:34:24 ID:c82
>>122
むしろ何故ドーンと大衆に売れなかったのか昔から不思議やったが時代の妙というやつかねぇ
111 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:27:35 ID:YdK
又吉の火花って純文学になるん?
118 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:30:38 ID:jkl
>>111
このスレの分類では純文学
119 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:31:31 ID:YdK
>>118
そうか
純文学はあまり読まないが火花は読みやすかった
112 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:27:40 ID:jkl
割とマジでカズオ・イシグロがノーベル賞とったとき日本のメディアがどう反応するのか気になる
114 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:28:18 ID:x5x
>>112
カズオ・イシグロに日本すごいさせるコメント取りに行くんやろ
117 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:29:51 ID:jkl
>>114
日本のメディアさんにはがっかりだよ
125 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:34:55 ID:YdK
芥川取った「終の住処」ってのと「きことわ」っての読んだけどさっぱりやったわ
131 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:37:07 ID:jkl
>>125
芥川賞はアタリハズレが激しいからな
結構あれで小説読み減らしてる印象がある
133 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:38:22 ID:YdK
>>131
そうなのかもな
「パークライフ」ってやつは面白かったわ
138 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:40:10 ID:YdK
だいぶ前に読んだ赤目四十八滝心中未遂ってのは面白かったな
なんかの賞とってたはずや
140 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:41:04 ID:jkl
>>138
車谷長吉やな
映画も出来がええらしいで
143 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:41:57 ID:YdK
>>140
そうそうその人や
映画もよさそうやったな
読んでて独特の世界観やったわ
141 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:41:15 ID:x5x
花村まんげつ
145 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:42:23 ID:jkl
>>141
なぜか直木賞じゃなくて芥川賞とった謎
147 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:43:45 ID:x5x
>>145
テコ入れだったのかもしれんな
まあそのテコ入れ路線の唯一の成功例(作品の善し悪しではなく)が綿なんとかやろ
149 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:44:35 ID:jkl
>>147
綿矢りさはなあ
そう悪くは無いと思うねん
あとが続かんかったけどな
144 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:41:58 ID:c82
あ、あと西村賢太『苦役列車』も芥川賞やったな
ワイはすこなんやが著者があれやし嫌いな人のが多そう
146 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:42:52 ID:YdK
>>144
映画好きやから小説も読んでみよかな
148 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:44:31 ID:c82
>>146
映画見て好きなら小説読んでも行けると思うで、むしろ読後感が濃厚になるかと
150 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:45:11 ID:YdK
>>148
まじか
じゃあ今度買お〜っと
156 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:52:17 ID:jkl
結局中上健次に数票入っただけか
戦後生まれ一番を決めるのは時期尚早であったか……
166 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 23:58:11 ID:Z3g
>>156
打線組むくらいならできるんちゃう?
ちとやってみたらどうや
157 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:56:16 ID:Vsk
町田康の「告白」ってやつおもろかったで
158 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 22:57:32 ID:jkl
>>157
告白が代表作なんやろうけど
初期の中編の切れ味のほうが好みなんよな
159 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 23:02:22 ID:Lmj
日蝕読んでる途中で鼻血出して
血でページがくっついて何ページか飛ばす羽目になってから平野は読んどらん
160 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 23:03:48 ID:jkl
>>159
作品の出来とは関係ないところで避けられてて草
163 :名無しさん@おーぷん 2017/09/04(月) 23:30:39 ID:c82
>>159
確かに日蝕読んでて鼻血出そうになるのはなんとなくわかるわwww
168 :名無しさん@おーぷん 2017/09/05(火) 07:05:55 ID:j9M
打線組んだ

遊 中上健次
二 綿矢りさ
中 村上龍
左 高橋源一郎
一 平野啓一郎
三 吉本ばなな
右 川上弘美
捕 町田康
投 村上春樹